猫好き・海好きの人間が、のんびりと人生の荒波に揉まれながら人形を作って行く過程を曝け出したブログです(笑)まだまだぺ~ぺ~の海人ですが、いつかはという海よりも大きな野望を抱きつつ、日々制作に励んでます。
2010年02月26日 (金) | 編集 |
ようやく、芯作りに着手できました。

(先日作っていた人形はどうなった?って話はなし(>Σ<)

昨日のうちに、ある程度形にしたかったのですが
一昨日、Wiiフィットを張り切ってやったら・・・

・・・

歳には勝てませんね (゚ーÅ)
体調を崩してしまいました・・・。

なんとも言えない、あの調子の悪さ・・・。

さて、体調も回復し
今朝から、えっちらおっちらスタイロを切り出し
ボンドで厚みを重ね、中心線とか、切り出し線を描いてました。

80センチ人形・芯
80センチ人形・脚芯

発泡スチロールのような、カッターで切り出している瞬間から
クズが舞い飛ぶような、静電気で手にくっつくような
嫌な感じはなく、すごく扱いやすいという印象を受けました。

3センチ厚なので、ボディ、脚、ヘッドの芯は
重ねて接着して必要な厚みを出してます。

ハーフサイズのスタイロ板からは、80センチの人形で
約2体分取り出せるようです。

80センチ人形・脚、ボディの芯

これは、接着した脚とボディの芯。
どなただったかな、スタイロを木工用ボンドで接着していたので
真似してみました。

くっつきますね(゜∇゜)
発泡スチロールのように専用の接着剤が必要なのかな?って
思っていたのですが・・・。

これなら、我が家を新築したときに大工さんからもらっておけばよかった・・。
端材がいっぱいあったのに?( ´(ェ)`)

床の断熱材に白いスタイロが入ってますよん。

勿体無かったな?(*´Д`)=з 

腕は貼り合わせる必要がなかったので、切り出してみました。

80センチ人形・腕の芯

まだ少し角ばっているのですが・・・。
でも、カッターで綺麗に過度を落とせるのはいいですね。

もっと早く採用しておけば良かったな?・・・。
結構無駄にしていたんですよね、発泡スチロール。
細い手首の部分とか、串とか刺さない状態でも
しっかりしていて、折れるような心配はなかったです。
しなりは出るのですが、粘りがあるのか折れないんですよ。

これなら、無駄な部分を作らなくていいかも。

粘土を巻きつけたときのために、一応、竹串を刺しておきました。

まっすぐ刺し直したりしているのですが、密度があるおかげで
何度か刺し直しても、穴がゆるゆるにならなくていいみたい。

午後まではボンド乾くといいな・・・。



今、フィギュアスケート見てますが
皆さんすばらしいですね。
体のラインとか、勉強になります。

キムヨナちゃんとか、浅田真央ちゃんとか
頑張って欲しいですね。
メダル争いよりも、自分たちの集大成を見せて欲しいです。
プログラムを自分たちの物にして欲しいです。

追記は現在進行形です・・・(笑
[続きを読む...]
スポンサーサイト