猫好き・海好きの人間が、のんびりと人生の荒波に揉まれながら人形を作って行く過程を曝け出したブログです(笑)まだまだぺ~ぺ~の海人ですが、いつかはという海よりも大きな野望を抱きつつ、日々制作に励んでます。
2011年12月15日 (木) | 編集 |
働く車のかっこいい事・・・(笑

近くを走る市道になるのかな。
ようやく、地震で痛んだ道路の補修工事が始まりましたよ。
アスファルトを剥がして行く車が・・もう・・おお~~~!!!って感じで。

動いてる働く車が大好きで(笑

寒い中、皆様頑張ってらっしゃいます。

ありがたいっす。

でも、出来たら歩道もさっさと直していただきたい!!!


たたみます。





昨日、プラ板で作った球体を作る道具。

DSCF3522_convert_20111214151652.jpg

これ↑
早速使い心地確かめてみました。

DSCF3529_convert_20111215173044.jpg

使い方の説明?(笑
芯にする為にスチロールを切り出しました。
どうせね、中からかき出しちゃうので適当です。
でも、5㍉から1㌢位の余裕を持たせてます。
どうしても薄くなった部分は後からでも修正できるので。
でも、無駄な粘土を作らないように余裕は持たせて。

DSCF3532_convert_20111215173017.jpg

作業中の写真がないのが残念なんですが・・・。
どうしても柔らかい粘土を使うので、カメラが汚れたり、水分でやられてしまう事もあるので
スチロールに水をつけ濡らし、柔らかめに練り込んだ粘土を少しずつ盛りつけて行きます。
途中くる~ッと回したりしながら。
ふちを見ても分かると思うんですが、この段階では表面はガタガタ。
でも、これでいいんですよ。
知ってる人は知っていることですけどね。

DSCF3534_convert_20111215173102.jpg

凹んでいるぶぶを見つけては粘土をのせ、くる~っと回して行くと
こんな感じで球体になって行きます。プラ板に付いた粘土はその都度取り除いて行きます。
8割くらい出来たら一度乾かします。
粘土が乾燥によって縮むので、ここで100%にしても無駄だからです。
乾いたら、凹みを見つけては粘土を盛り、プラ板で余計な部分をそぎ落として
という作業を繰り返します。

その続きは、また後ほど。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村

誰に話してるんだろうな~(笑
でも、きっとね自分がそうであるように
見に来てくれてる方の中にも、どうしたらいいのかな~って思ってる方がいると思うんですよね。
その人の~作業が進むきっかけにでもなれば良いと思って,語りかけるような口調で書きました。

自分は,いろんな人のサイトやブログを見て
本当、考えるきっかけを頂いてます。
それが、答えだったり、自分だったらこうしちゃってみようか?っていう作業につながったりと
そんな感じで刺激を受けては人形作りに生かしてます。

だから、いろんな方々の知識の真似っこが多いんですよ私(笑

DSCF3539_convert_20111215173206.jpg

偉い角度で曲がってる猫の背を見てるとね、こんな人形作ってみたいっても思うんですよ。
でも、昔・・・うちの母親が使っていたホーローのポットにこんな形の物があったな~。

ストーブ止めちゃったので、ちょっと寒かったみたい。
ごめんよ~。

しかし、ゆたぽん・・・よくテレビ見る子だな・・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ええ…?

ユウタくんすごいおしり?背中…?ですか?
私も数々の猫たちを見てきましたが初めて見るプロポーションです。
にゃんこの新しい可能性を知りました☆

テレビっ子のユウタくんかわいいです(´∀`)
2011/12/15(Thu) 22:57 | URL  | MIYABI #-[ 編集]
MIYABIさん
> ユウタくんすごいおしり?背中…?ですか?

すんごい背中ですよね(笑
私も,こんな背中は初めて見ましたよ。
猫も子猫のうちは体が柔らかいんですかね。

> テレビっ子のユウタくんかわいいです(´∀`)

気がつくと,テレビ見てますよ。
映像の中の物が動くのが楽しいらしいです。
2011/12/17(Sat) 06:54 | URL  | 海人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック