猫好き・海好きの人間が、のんびりと人生の荒波に揉まれながら人形を作って行く過程を曝け出したブログです(笑)まだまだぺ~ぺ~の海人ですが、いつかはという海よりも大きな野望を抱きつつ、日々制作に励んでます。
2011年12月30日 (金) | 編集 |
DSCF3734_convert_20111230174021.jpg

連れが手持ちの望遠鏡で撮った一昨日かな?のおつき様。
見えない見えないって言ってた望遠鏡なんだけど
いろんなサイトを見て回っているうちに「見えやすくする方法」を発見したらしく
即座に実行してみてカメラで撮ったみたい。

綺麗な三日月さんですな~。

既存の口径よりも一回り小さくしてみるんだって。
ケント紙でさくさく工作してフードを作って見てたみたい。

今は、連れは25㌢の望遠鏡の鏡を使って自作望遠鏡作りに奮闘してますよ。

鏡筒が曲がったとかなんだとかって叫んでたけど・・・今は,作り直しの仕事で会社に缶詰・・・。

さて,愚痴に近くなって来たところでたたんで次ぎ行きます。

本題本題(笑













DSCF3717_convert_20111230174140.jpg

半乾き(80%)かなって位のときに私は芯を取り出す作業をします。
というのも、そのときに使ってる粘土の粘りにもよるんですが
生乾き、半乾きの時の方が粘土そのものに粘りが残っていて
多少外すときにしなってもバキッと壊れないので楽なのですよ。
で、このままにしておくと歪みの原因になるので

DSCF3720_convert_20111230173922.jpg

包帯ぐるぐる巻き。
最初のころは輪ゴムでやってたんだけど、意外と歪む・・・。
やり方が悪いらしいんですけどね。
で,いつものネットサーフィンしてるときに見つけたやり方で。
しっかりと押さえつける事が出来るので歪みも少なく済むようになりました。

現在、このまま乾燥中。
ここからはしっかりと完成させます。
ひび割れとか、厚さの足りない部分は乾燥後に集中補修して
それから前後のボディをくっつけます。

「動く手」の作業ですが・・・やり方がまずかったのか・・失敗した感が否めなかったので
やり直しました。

DSCF3716_convert_20111230173835.jpg

関節球に指先とかを造形して行くやり方は・・素人には難しかった(T^T)
なので、指から作ってみた。
といっても、指の用に棒状にした粘土を太めの(球体の穴と同じ太さ)針金に巻き付けて乾燥。
テレビの画面はご当地番組「OHバンです」。
その上にいるイモイさんは薄型テレビで暖をとってる最中(笑

仙八先生こと「さとう宗幸じいじ」
大好きなタレントさん。
仙八先生は・・正直しらない(笑
3歳か4歳くらいの頃の番組らしいのだけど・・・・知らない・・・。

でも、コーナーで主婦の方とやり取りしながら料理を作って行くものがあるんだけど
ちびちゃんが電話の向こうで騒いでると「じいじだよ~~~」とおじいちゃんになる顔が好き。
皆孫か?って思う(笑

DSCF3739_convert_20111230174340.jpg

話が脱線(笑
手前は70㌢さんの手。あまりにも不自然に大きいのでやり直し(苦笑

ラブレターかかった!!!ノって来た!!!
(ランダム再生で音楽鑑賞中)

親指だけ、作って見たんだけど・・・

DSCF3722_convert_20111230173941.jpg
DSCF3724_convert_20111230173957.jpg

指先。
大きめなので,造形しやす!!

DSCF3737_convert_20111230174326.jpg
DSCF3735_convert_20111230174248.jpg
DSCF3736_convert_20111230174255.jpg

いろんな角度から。
こんな感じでいいのかな~~・・・・。
って思いながら作ってます。
でも・・・

でも・・・・・

でも・・・・・・・・


一日に一本か二本しか作れん・・・(ーー;

目が疲れる、肩が凝る・・・。

しんどい・・・・。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック