猫好き・海好きの人間が、のんびりと人生の荒波に揉まれながら人形を作って行く過程を曝け出したブログです(笑)まだまだぺ~ぺ~の海人ですが、いつかはという海よりも大きな野望を抱きつつ、日々制作に励んでます。
2012年07月08日 (日) | 編集 |
昨日、すごい降りだった雨も朝にはやんだみたいで
日中は、すごい暑さだったですよ。

夕方近くになって,湿ったような冷たい風が吹き出してますが
雷でもなるのかな。
どんよりした雲が山側に立ちこめてます・・・。

さて、下地塗りも地肌の色を塗り始めまして・・・
大きいさん、何だかすごいことになってます(ーー;

DSC01717_convert_20120708172646.jpg

大分、白くなってます。
3度目の塗りになってます。
茶肌の下地の上に、肌色ジェッソを混ぜたモデペを塗りやすい濃さにした物を塗ってます。
磨かずに3度目。このまま,さらに3回くらい塗り重ねて行きますよ。

DSC01719_convert_20120708172655.jpg

大きいさんの目も、モデペで埋まってしまいました・・・。
いいんだけどね・・・別に。

そうそう、後ろに写ってるミシンは,私が中学の頃に買ってもらった年代物(笑
日焼けで黄色くなってしまいましたが、健在です。
一度、完全に修理してもらったのでサクサク動きますよ(^皿^)

このミシンを使って、抱き人形を作ったりもしてました。
元々はプラモデル専門の私でしたが・・・同時に洋服も作ってたの。
そんな頃に、抱き人形の本を見つけて作ったのがある意味できっかけになってる部分はあったかも。

10代の頃にね,布ボディに木屑を入れて固めた物に肌色のニットで包んで作るんですよ。
綿やら何やらで,基礎ボディに柔らかさを出して行くんだけども・・また作りたいな~。
木屑が手に入らなくなってね・・・やめてしまった。

で、プラモデルとかフィギュアに戻ってしばらく・・・・
球体関節人形のことは知ってたんだけど、自分・・・人形が怖い人で・・・(笑
おひな様を買いに行ったときに・・・・『いらない!!!こわいから!!!』って言って
拒んだ人なのに(笑

旦那がキャストドールの趣味を持ってた人でね・・・所謂ボークストかタイニーフェアリーとか
そういうのがきっかけで知り合った人なんだけど・・・・(笑
1体買ってもらったの、結婚してから。
でもね、何だか納得いかない部分があって・・・・所詮お人形さんだからって思ってたんだけど
そんなある日、黒曜の鏡、アイミさんのサイトを見て・・・これだ~~~!!!!って目覚めた訳(笑

それから、石粉粘土を使った球体関節人形を作ってます。

壊しては・・・作り・・・箱入り・・・作り・・・壊し・・・の繰り返しだけど。

でも、それじゃいかんのですよ。
だから、大きいさんからは飾っておける人形。
連れて歩ける人形を作ろうと思って、前進してます!!!!

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村

水槽、めげもせず・・・

DSC01694_convert_20120708172547.jpg

レッドビーさんを10匹追加!!!!
負けない!!!今度こそ繁殖だ!!!

DSC01688_convert_20120708172557.jpg

1匹198円で10匹だから・・・・1980円だよね?
でも、980円で買って来ました(笑
お兄さん・・・間違えてた・・・私も気がつかなかった・・・・。

DSC01697_convert_20120708172610.jpg

旦那の水槽・・・・水草の植え方って・・・・センス問われるよね・・・.

DSC01705_convert_20120708172626.jpg

相手してもらえなくて・・・ふてくされて・・・人の気を惹こうと頑張る猫の図。
可愛い仕草を知ってますな、猫さんは。

DSCF6518_convert_20120706071804.jpg

ちょろいもんよ~けけけけけけ(笑)(byゆうた)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
海人さん、こんばんは~!

海人さんも(^^)人形こわかったんですか~私も同じ。人形=怖い。でしたよ。
自分で作るようになってからは全然、、怖くないです。なんでしょうね~(^^)。顔だけとか、手だけとか、、足だけとか、、置いてあっても、今は、平気です。ご主人も、お人形が好きなら、作りやすくていいですね~。家族の理解は一番必要なのかも(^^;)。
家も、前ほど言われなくなりましたが、、、時々、、しまえと言われます(^^;)
それに、、、私の周りの人たちにもも、不評で、、寂しい限りです。
家族が味方が一番。
大きいさん、つるされていますね(^^)、まるで、、お天気を願うてるてる坊主のようですね♪
海人さんは、美術系の学校に行かれているのでしょうか?
エビさん、(^^)店員さんには、申し訳ないですが、、ちょっと、ラッキーでしたね(^^*)
今度こそは、エビさん達が幸せに暮らせるといいですね♪
2012/07/08(Sun) 21:33 | URL  | ちゃお #-[ 編集]
ちゃおさんへ
おっはようございま~す!!!

> 海人さんも(^^)人形こわかったんですか~私も同じ。人形=怖い。でしたよ。

ちゃおさんもだったんですか~(^^;
ガラスの目が怖くて・・・それが変化するって・・・人生すごいですね(笑

不思議ですよね、自分で作る=怖くないってなるの。
家族に理解してもらえるのも、この趣味事には必要不可欠な部分でもありますね。
でも、最近は人形のことなんてどうでもよくなっているようです、うちのお連れ様(笑
人形より水槽の魚,それよりも天体望遠鏡・・・ってなっちゃってます。
男の人の趣味ってそんなもんですね(笑)
まぁ・・・否定的な言葉は一切出て来てないので恵まれてるんだろうな~。

> それに、、、私の周りの人たちにもも、不評で、、寂しい限りです。
> 家族が味方が一番。

連れ様の実家の皆様には・・・拒絶されてます(苦笑
寂しいですね・・・。

> 大きいさん、つるされていますね(^^)、まるで、、お天気を願うてるてる坊主のようですね♪
> 海人さんは、美術系の学校に行かれているのでしょうか?

あ、だから・・ここのところ天気が良い日が多いのか・・・今日もお天気(^ー^)
美術系の学校には行きたかった・・・・(ー△ー;
もう、独学の世界です。いろんな本を読みあさっては吸収し、ネットの世界では技術を盗ませてもらってます(笑

> エビさん、(^^)店員さんには、申し訳ないですが、、ちょっと、ラッキーでしたね(^^*)
> 今度こそは、エビさん達が幸せに暮らせるといいですね♪

店員さん・・・・大丈夫ですかね・・・(^^;
エビ天国になるように頑張ります!!!
2012/07/09(Mon) 07:28 | URL  | 海人 #-[ 編集]
きっかけ…
少し前の日記にコメントしてすみません。
海人さんが人形作りに取り組まれるきっかけを拝見出来て
嬉しく思いました^^

タイニーフェアリーって、ブルーフェアリーでしたっけ。
一時、あそこの人形の顔が好きでした。
私の場合市販のキャストドールはそんな興味がないのですが、
フィギュアの造形…顔が不満で自分で作れたらなぁと
以前作っていた球体関節人形に再び乗り出した感じです。
マイペースに頑張って挑戦して、お互い飾っていたくなる
人形を作りましょう(^▽^*)

えびさん…♪
今度は元気に楽しく暮らしてくれるとよいですね☆
しかしながら、やはり水って難しいですね。
そして店員さん…きっとえびさんはサービスされたのですよ!(笑)。
2012/07/17(Tue) 23:06 | URL  | 優美 #-[ 編集]
優美さんへ
> 少し前の日記にコメントしてすみません。

かまいませんよ~、大歓迎です!!!(^皿^)

> タイニーフェアリーって、ブルーフェアリーでしたっけ。
> 一時、あそこの人形の顔が好きでした。

そうです、そうです!!!
一重のお目目の子でした~。

> フィギュアの造形…顔が不満で自分で作れたらなぁと
> 以前作っていた球体関節人形に再び乗り出した感じです。

私も、フィギュアとか・・・好きなんですけど・・どうしてこうなった?っていう造形
ありますよね。旦那のタイニーフェアリーをみて・・・海外通販じゃなくても買えるということで
ボークスさんのスタンダード買ったんですけどね、どこか納得いかない自分が居まして・・・(笑
納得のいく既製のものを探してたんですけど、ない・・・なら作ってしまえ!!!っていう(笑

> マイペースに頑張って挑戦して、お互い飾っていたくなる
> 人形を作りましょう(^▽^*)

はい!!
優美さんも,手直ししてみたり・・・いろいろあったんですね。
でも、マイペースで行きましょう!!!

かき氷の器の写真・・・・あれいいな~ッて思ってみてました。
私、きっと食べる(笑

> えびさん…♪
> 今度は元気に楽しく暮らしてくれるとよいですね☆
> しかしながら、やはり水って難しいですね。

難しいですね。でも、ここのところの暑さでも星になってしまう子がいないので
このまま,夏を乗り切って繁殖してくれたらいいな~ッて思ってます。

> そして店員さん…きっとえびさんはサービスされたのですよ!(笑)。

そうなんですかね!!!
でも、あれ以来・・・あのお店に行けない(笑
2012/07/18(Wed) 14:37 | URL  | 海人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック