猫好き・海好きの人間が、のんびりと人生の荒波に揉まれながら人形を作って行く過程を曝け出したブログです(笑)まだまだぺ~ぺ~の海人ですが、いつかはという海よりも大きな野望を抱きつつ、日々制作に励んでます。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年09月17日 (火) | 編集 |
おゆまるくん、利用方法を検索かけてたら
偶然見つけた方法を試してみようっておもったんですよ。

記憶の糸をたぐっての方法なので、間違いだらけかもしれないですが・・・うん。

でも、やってみようってことで。



アクリルアイをホットボンドで型どり。
アクリルアイなので、もしかすると溶けてしまう可能性もあるんですが
もしも試してみたいと思われた方は、自己責任でお願いしますね。

2個作ったうち、1個はアイを取り外す際に型自体に亀裂のようなものが
入ったので泣く泣く廃棄。

そこへ、柔らかくしたおゆまるくんを詰めて型抜き。
このパターンだと、大丈夫らしい・・・なんで?



で、ペットボトルのキャップにラップをしいて
そこにシリコンシーラントを絞ります。





で、おゆまるくんをIN。
ラップの口を軽く絞ります。
このままで、約1日だったかな、置いておきます。

触らないようにね。

万が一、指や肌に付いたときは
石けんで洗う前に、キッチンペーパーやティッシュ等で綺麗に拭き取ってくださいね。
そうしないと、ベタベタしたままでなかなか綺麗に洗い流せません。
使った器具もティッシュ等で綺麗に拭き取ってください。
くれぐれも水は厳禁・・・なのだそうですよ。

私、前回球体の型をシリコンシーラントで取ろうとしたとき
使ったヘラを拭かずに直接水洗いしてしまって・・・大変なことになりました。



ホムセンで売られてるものです。
シリコンシーラント本体と絞り出すためのガンで合わせて350円いかないくらいでした。
高いものもあるので、この値段とは一概に言えないんですけどね。

キャップは、説明書通り切り取らず蓋として使うと
ある程度シリコンシーラント自体固まらず使えるかもしれません。
このシーラント、すでに2ヶ月以上前に開封したものなのですが
固まることなく使用できました。
使ったあとに、キャップをきっちり閉めて
キャップの中に押し出すようにすると密閉度が上がって乾きにくくなるのかもしれません。
そのときは、中の圧の上昇によりキャップが外れる危険性もあるので注意です。

でも、条件によっては(キャップの閉め方が弱いとか)シーラント自体固まってしまい
使えなくなるかもしれないで、そこも自己責任でお願いします。

今日の自作アイ制作活動はここまで・・・。




台風一過で、今日は綺麗な青空が広がってましたね。
おかげで、夜になっても綺麗なお月様が見れましたよ。
スマホの写真なので、ただの光の塊ですが(笑

今、旦那ちゃん
月の斜視を撮りに、庭先でカメラと望遠鏡と格闘中・・・・・。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。