猫好き・海好きの人間が、のんびりと人生の荒波に揉まれながら人形を作って行く過程を曝け出したブログです(笑)まだまだぺ~ぺ~の海人ですが、いつかはという海よりも大きな野望を抱きつつ、日々制作に励んでます。
2013年11月11日 (月) | 編集 |
取り急ぎにつき、予定していた方言クイズは次回に持ち越し(--;

で、何をしたかというと・・・
ピコりんさんのブログでお返事で、思いっきり実験好きの血が騒いだので
やってみたの。(ピコりんさんの意図する物とは違うかもですが)

とうのは、UVレジンを使って表裏のある形をおゆまるくんのようなもので
とれるのか・・・。

で、本来の型どりじゃないんだけど
(本当は湯口を作って・・云々なんだが・・・)
手持ちのアイで壺状に型を作ってやってみた。
これでも、上下の高さが2センチ以上になるので
紫外線(UVライト)が届くのか、どれだけの時間がかかるのか
果たしてUVレジンは硬化するのか、やってみたよ。



上の写真が、透明性の高い無色のおゆまるくんで型どり中。
ピンクとか黄色とかあるんだけど、これが一番かなと・・・。
他の物でも、やってみるね近いうち。



で、レジンを流し込んで・・それだけだと正直硬化したかどうか分からないので
中に手持ちのラメを少し流しました。
これなら、入れ口付近だけが硬化してそこ部分がまだ・・・という自体も
中で流れが見れれば分かると思って入れてみたよ。
一回目の2分硬化では、底の方や中程まではやっぱり硬化しなかったです。

なので、そのままで2回目2分照射。
上側(入れ口)は完全に硬化したんですが
底の方はやや自信がなかったので上下逆さにして2分照射。
ここで6分。



つまようじでおゆまる越しに底をつついたら・・・案の定おゆまるくんが少し柔らかくなってた。
これは仕方ないのかな。UVライトって意外と熱くなるんですよ。
LEDだと、そうでも無いそうなのですが、蛍光管式なので結構熱い・・・。
でも、変形するほどでは無いです。
この段階で、硬化してました。
でも念のためプラス2分追加しました。

型から取りだして、念のためさらに2分照射しました。
(小心者なの・・・)

合計10分
気泡が入ってしまいましたが、アイの形そのものでとれましたよ。
UVレジンが心許なかったので、少なくしましたが・・・
完全に入れ口(湯口?)まで入れることができれば綺麗な形でとれるかも知れません。

結果・・答えになってない・・感が強いが・・・。

以前、涙型のドロップ型のペンダントトップをUVレジンで作ってる型を見つけまして
その制作方法に興味があったんだけど、やらずじまいだったの。
でも、ピコりんさんのお返事でやってみようって急に思ったわけ。

多少のバリが出てもいいから、プラモとかでパーツ取りするときのような方法を
用いれば・・・思ったような形に作れるかも知れませんね。
厚み次第だし、複雑過ぎなければ短時間でできるかも知れないです。

・・・・・あ、やりたかったことに一歩前進しました・・・・。

ただ、私が知らないだけでそういう使い方をしている方がいるのかも知れないですね。

でも、これも経験値を上げるために必要な実験(経験)なので
うん。

気泡が入らない方法としては、真空ポンプにかけて・・・という方法がいいらしいんですけどね。
大がかりな装置になりそうだし・・・何かいい方法ないかな・・。



コメント 拍手コメのお返しも
しばしお待ちください。

今日は更新の予定がなかったもので(言い訳・・・言い訳・・・・いいわけ・・・いい・・わ・・・け)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック