猫好き・海好きの人間が、のんびりと人生の荒波に揉まれながら人形を作って行く過程を曝け出したブログです(笑)まだまだぺ~ぺ~の海人ですが、いつかはという海よりも大きな野望を抱きつつ、日々制作に励んでます。
2014年01月02日 (木) | 編集 |
・・・・ただいま、泣きそうです・・・

いえね、優美さんからいただいた
「長い長いさんぽ」
読みました・・・・。
読ませていただきました・・・・(T-T)

海人は・・・・・海人は・・・・



今、猛烈に感動しております・・・。
でも、一人じゃないので・・・・恥ずかしくて泣けんとです・・・(^^;
なので「ゴチ」見てごまかしてます(笑)
もう・・・あずきちゃんを重ねてました。

一人の時間にもう一度読もう・・・うん。
そして、大泣きだ~~~!!!!!

優美さん、ありがと~~~~~~♪



で、hideちゃんのギターもありがと~~~~♪
久しぶりにあっちゃん出してきたが・・・
眉毛消えてるし・・・なんでよ?
ワンダと同じ色。
私の好きな色。

ありがと~~~~~~~!!!!!

やべっち・・・すっげ~な~・・・
パパになるのに・・・
仕事・・・選べないってつらいね~・・・。
でも、面白いからな~~~~。

上川さん・・・頑張れ~。

自分も頑張れ~。

方言クイズのヒントは次回です。
しばし、お待ちを~。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
読んでみました。
これを見たあと、長い長いさんぽ、ネットなどで見て皆さん号泣物だとあり、気になったので夕べ妻に話すと、ウチに在るよ、との一言。そういえば見覚えのある表紙でした…
読んでみました。
熱い海人さんとは違い涙が出るというよりは、あー、ヤッパリこうなるんだろうなァ…
という感じでした。いろんなことが細かく描写されていて、冷たくなったゆずを前にうろたえているさまがリアルでそうなんだろうと共感は凄くあります。
すぐ新しい仔猫を飼うのになんだかんだ言っている人がいましたが、そんなことでもして無理矢理生活するしかないんだと思います。妻はウチの栗の助が死んだら次の仔は飼わないと言っていますが、私はスグに仔犬を連れてくるしかないかなって思っています。
私が泣くのは栗の助が死んだ時、ネットのブックマークには移動車両を持っている火葬業者さんのアドレスが入ってます。よく行く散歩コースの公園で送ってあげたいと思っています。
泣いたということでは数年前に流行った村上つとむさんの星守る犬が泣けました。昔、ナマケモノが見てたを描いていた村上さんがこのような物語を描くというのも感慨深いものがありました。
須藤真澄さん、さんぽシリーズが有名になっていますが、普段の作品もSFっぽいファンタジーの小品で好きです !観光王国などの作品集がBOOKOFFで100円です。よかったら読んでください。
長々とすみませんでした…
あっ、方言クイズは?!
2014/01/09(Thu) 17:09 | URL  | zyan2 #-[ 編集]
zyan2さんへ
こんばんは!!!

「長い長いさんぽ」読まれたんですね♪
ご自宅にすでにあったとか・・・。

感想、いろいろありますね。
「共感」
うん、それも分かります。
号泣してる自分と共感してる自分といましたので。
あ・・・でも、この共感もきっといろいろなんだろうな~。

私は自分の体力が続く限り、お別れしてもきっと次の子を迎えちゃうんだろうなって思ってます。

> 私が泣くのは栗の助が死んだ時、ネットのブックマークには移動車両を持っている火葬業者さんのアドレスが入ってます。よく行く散歩コースの公園で送ってあげたいと思っています。

同じようなことしてます。
隣の市で、火葬と埋葬を行っていて
いつでも、営業日のチェックが出来るようにしてます。

星守る犬も読みましたよ~。
本屋さんで立ち読みだったので・・・泣くに泣けず・・・
トイレで号泣しましたが(笑)

> あっ、方言クイズは?!

今はヒントの例文を考えてるんですよ。
いったりかったり・・・
出題した本人が頭悩ませてます・・・(^^;
2014/01/09(Thu) 19:16 | URL  | 海人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック