猫好き・海好きの人間が、のんびりと人生の荒波に揉まれながら人形を作って行く過程を曝け出したブログです(笑)まだまだぺ~ぺ~の海人ですが、いつかはという海よりも大きな野望を抱きつつ、日々制作に励んでます。
2014年08月07日 (木) | 編集 |
今日も暑いですね。

暦の上では立秋と秋なのですが、ま~ったく秋の気配なし(笑)
今も外では、ミンミンと鳴いてますよセミさん。

そして、今朝も庭の鉢植えに水をあげていたら
色んな所から、雨蛙さんがぴょんこらぴょんこら飛び出してきました。
みんな今年生まれたばかりの蛙さんのようです。
畑の中にいる茶色の蛙さんは・・・越冬した子たちかな。
あまり蛙には詳しくないので分からないですが。

今年は、蛙の他にも金蛇さんやトカゲさん、シマヘビさんとやたら見ます。
まだ、赤腹さんとかマムシ先生は見てないのでいいんですけどね。
きっと、庭から見える山にはいるんだろうな~と思ってますが
何もしなければ何もしてこないので、そっとしてます。

でも・・・ロープかと思ってみたら・・・シマヘビさんや~ってなったときは
ドッキドキでしたけどね。

さて、昨日の夜新たにアイを作りました。



新作君、君に愛情はあるが作っているのはレジンアイですのであしからず。
鉛筆で黒め部分を塗ったことが仇になりまして、視線のずれがさらに増強されているので
やはり作り直しだな・・ってことで、昨日寝る前にエポキシ接着剤の白目を流し込んで
硬化させておきました。



出来上がった目は↑。
せっかくなので、フィルムにプリントしたアイリスに色づけしたレジンを使って
色を濃いめにしたのですが・・・・変わらないな・・・(^^;
でも、色づけしたレジンだけよりは少し模様が入っていい感じです。

赤~い目をした~♪などと、分かる人にしか分からない歌を頭の中で歌いながら
作っていたのは言うまでも無く・・・ですな~(笑)



で、もう一度頭を開きまして出来上がったアイをはめました。
流し目~。
いいあんばいです。



斜めから。
自分撮りした流し目を参考に調整しました(^^;)
前より、色が濃いめですがいい感じです。
後は、頭を閉じてヘッドの微調整、微造形をしていこうと思います。



ボディは、腕の長さを揃えました。
まだ、腕の太さに微妙な差があるのでこちらも少しずつ仕上げていきます。

少し前まで、雷鳴ってたんですが
日差しが戻ってきました。
雨に見舞われる仙台七夕ですが、今年はどうなんでしょうね~♪

今日は中日ですが、きっといっぱいの人でごった返してるんだろうな~。
今年は平日にあたってしまったので私は出かける予定がありませんけどね~(--;
一人で行っても仕方ないので・・・うん・・・(T-T)

今年は、まだ花火も見に行ってないな~・・・・・。
地元の花火大会でも見に行くか~・・・・。

今日も暑いので、皆様水分補給と上手な休憩で乗り切りましょう~。
ではでは~♪
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
お目目 綺麗ですね〜☆ 透明感が涼しげそしてつるんつるんの質感〜大成功ですね\(^o^)/
2014/08/07(Thu) 20:34 | URL  | en #Xnq8k9Uo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/09(Sat) 00:26 |   |  #[ 編集]
enさんへ
> お目目 綺麗ですね〜☆ 透明感が涼しげそしてつるんつるんの質感〜大成功ですね\(^o^)/

ありがとうございま~す♪
ようやく、ようやく・・・本当ようやく自分のイメージ通りに進められるようになってきました。
もう・・・何十個・・・失敗したか・・・(T-T)

これでさくさく進められればいいのですが♪
2014/08/09(Sat) 17:35 | URL  | 海人 #-[ 編集]
鍵コメZ様へ
ありがとうございま~す♪

透明感、アイリスを直接白目に描くのではなく
私はレンズ部分は透明に、その下のアイリスになる部分は
透明カラーの塗料を混ぜたレジンをつかました。
これで、大分透明感が出るようになりますよ。
参考にさせてもらった本DOLLYBIRDにも、透明フィルムにプリントしたアイリスを
使ってましたから。

私、はじめの頃は白目に直接アイリス(虹彩)部分を描いて
レジンを表面張力で盛りつけていたのですが、色が濃くなるほど透明感が出なくて。
黄色などの薄い色なら透明感も出やすくなるのですが・・・。

アイリス、一番人形の造形の中で難しい・・・そんな風に今回思った次第であります。
2014/08/09(Sat) 17:43 | URL  | 海人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック