猫好き・海好きの人間が、のんびりと人生の荒波に揉まれながら人形を作って行く過程を曝け出したブログです(笑)まだまだぺ~ぺ~の海人ですが、いつかはという海よりも大きな野望を抱きつつ、日々制作に励んでます。
2010年01月21日 (木) | 編集 |
マスキング・・・重なったところは無視無視。

昨日の更新で、出てきた『クラフトのこ』
のこぎり

こんな風に貼り付ければ、それをガイドに切込みなどを入れることができます。
最近は、プラモデルなど作っていなかったので、すっかり忘れていた技法でした。

とある方のサイトで思い出す自分って、やっぱりまだまだだと思う。

で、綺麗に削り取って磨いた部分にマスキングテープを貼っていきます。
マスキング
マスキング2
角やカーブの部分も綺麗に貼り付けます。
このあとの加工で大事になってきますのでね。多少の重なりは無視です。
出来上がったものを裏打ちしてしまえば、仕上がりは綺麗になりますから。

このあと、どうしようかなと悩んでいるんですよね。
同じ石粉粘土で作るのもいいのですが、パテなどで作りこむのもいいのかな。
この子は、アイを交換したり角度を変えたりできるように
頭は閉じずに蓋にしようと思っています。
なので、ウィッグをかぶせることになるのですが・・・。

蓋の内側も加工するので加工しやすいものと思うのですが
パテに関しては、ものよっては加工しにくいものも。
値段的にも・・・粘土より高い・・・。
でも、強度を持たせたい部分でもあるから・・・どうしようか悩む。

ウィッグのズレ防止の加工はしやすくなるんですけどね・・・パテは。

難しいですね・・・でも、思ったことはやってみますよ。
現在プチスランプで・・・ことごとく敗退してますが・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック